2010年06月16日

都城、周辺1キロの家畜は陰性=口蹄疫の検査結果―農水省(時事通信)

 農林水産省幹部は15日、口蹄(こうてい)疫の発生が飛び火した宮崎県都城市の農場から半径1キロ圏で行った家畜の検査結果が、すべて陰性だったことを明らかにした。飛び火感染が今のところ発生農場だけの「点」にとどまっていることが確認された形。半径1キロ圏では、懸念された感染拡大がひとまず避けられた。
 都城市内では今月9日、県東部の口蹄疫多発地域から南西約50キロの地点にある肉用牛農場で飛び火感染が見つかった。この農場の牛208頭は直ちにすべて殺処分されたが、周辺が汚染されていないか確認するため、半径1キロ圏にある11農場すべてを対象に牛や豚から検体を採取し、遺伝子検査と抗体検査を行っていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫対策特別措置法」
イネ開花期の仕組み解明=日が短くなると抑制解除
山田農水相、IWC総会欠席=「口蹄疫問題、予断許さず」

皇太子さま、ウィーン少年合唱団公演をご鑑賞(産経新聞)
武蔵大入試でミス、追加合格者におわび20万円(読売新聞)
新党改革、参院選兵庫にNPO法人理事長(産経新聞)
菅政権で日米合意履行=沖縄の負担軽減も重要―岡田外相(時事通信)
飼い主の“愛”が伝わる猫砂選び(Business Media 誠)
posted by ウルシバラ ヨシヒロ at 17:58| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。