2010年03月10日

民主が議員政策研究会、政調復活の要望受けて(読売新聞)

 民主党は、党の政策立案機能を強化するため、「議員政策研究会」を設置する方針を決めた。

 政策調査会(政調)復活を求める意見の高まりを踏まえたもので、8日の党役員会で決定する。

 衆院の委員会ごとに設置し、各委筆頭理事が運営している「質問研究会」を改組し、政府提出法案について政務三役から説明を受けて議論するとともに、各分野の議員立法や政策提言を行う。「政策決定の内閣一元化」方針に沿い、自民党政権のような法案の事前審査機能は与えず、政調会長ポストも設けない。

 8日の役員会では〈1〉各省副大臣主催の政策会議に党幹部が「コア(中核)メンバー」として加わる〈2〉鳩山首相をトップとして、参院選公約を作成する「マニフェスト研究会」を設置する――ことも決める。

地元反対決議でも理解求める=普天間移設で平野官房長官(時事通信)
<官房機密費>首相、公開方法の検討を指示(毎日新聞)
<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
岩手で推定1.9メートルの津波=入り組んだ地形影響−気象台調査(時事通信)
防災無線一部で放送できず=更新アンテナ取り違え−高知(時事通信)
posted by ウルシバラ ヨシヒロ at 08:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。